キュアセブン技術ブログ

考えたこと,学んだことを書きます

自己紹介プレゼン

 

YCAMインターン向けの自己紹介スライドです.

いうこと書いた

 

この度はインターンシップを引き受けてくださりありがとうございます.自己紹介プレゼンを開始します.

小笠原奈々です.アカウント名はどのサイトも基本的にはcuresevenです.YCAMのキャラクター「中園なな」ちゃんと同じ名前なのでそう覚えていただけると幸いです.

 

広島県出身で,現在山口大学工学部知能情報工学科3年生です.

なぜ山口大学

実家は広島大学に近いところにあるのですが,近くで情報系の学科がある山口大学に決めました.来年から広島大学にも情報系の学科ができると聞いていますが.

就活は第1志望の企業のみ行って,それがうまくいかなければ大学院に行こうと考えていたところでしたが今揺らいでいて,それは後で話します.

9/19からはteamLabのインターンが決まっていて,社内システムの勉強をさせていただくことになっています.

 

大学で軽音部に所属していて,副部長としての役割があります.

音楽活動としては,歌うことが主な活動です.CDを出したことがあります.合唱から始まり,ボーカルをやっっています.ギターやドラムもメンバーに応じて対応します.トランペットは金管バンド,吹奏楽,オーケストラでやったことがあります.バンドのマネージャー活動もしています.これはのちに詳しくはなします.

 

将来はBtoCの仕事に就きたいと考えています.ユーザの声がフィードバックとしてすぐ返ってくることに嬉しさと楽しさを感じます.企業としてははてなブログはてなに行きたいと考えています.憧れの先輩が勤めており,「はてなはいいぞ」と推薦されるからです.

フロンドエンドの開発に携わりたいと考えていますがプログラミングで働くとはどんなことがあるのか知らないのが現状で,かっこいいからフロントエンドしてみたい,というのが正直なところです.YCAMではIT技術を生かしてどんなことができるのか,どんな仕事があるのかを学びたいと考えています.

はてなの本部長と話す機会があったのですが,「技術が足りないので採れません」と言われました.私は情報系に就職するのに十分な知識と技術,実践の経験が足りていないようで,これから補っていかなくてはならない部分であります.しかし石川さんとお話しして,本当に技術だけ突き詰めて行くのでいいのか?という疑問が生まれました.YCAMの方々の発想力を見させてもらって,技術だけでは会社はうまく回っていかないと感じ始めています.

 

大学で学んでいることをお話しします.

学校の講義はこんな感じです.言語としてはCとJavaを教えてもらいました.授業はここに書いてあるのが今までとった授業です.自分で手を動かして何かを作ったといえばライントレースロボットなどです.授業は概念の講義と計算方法の講義が主で,ハッカソンのようなものや何かを作ってみるというのはほとんどありません.これはまずいと思い,自分の時間で何かしなければと焦っています.

 

Web系に行きたいというのもあって,まず自分のサイトを作って見ました.HTML,CSS,JavaScriptを使って作っています.

何かほしいものを作ろうと考えて今製作中なのが,軽音部の部室予約かんりシステムです.50人ほどの部員が,1つのスタジオを使うので,管理システムを作りたいと思いました.今は掲示板サイトに「使います」と書いて使っているのですが,予約状況がわかりにくいのでシステムを作りたいと考えました.

簡単に作れるサービスを色々漁ったのですが,サイトの仕様を思い通りにカスタマイズできなかったのでツールを作り始めました.

バンドのマネージャーとしても色々やろうとしていることがあります.

なぜマネージャーか

ナヤミの楽曲が好きで,たくさんの人に知ってもらいたいと思ったからです.また,情報科学生としてコンテンツを作るネタとして盗んじゃおうと思ったから始めました.

ナヤミをサポートするという建前で,ナヤミというコンテンツを利用し様々な活動を体験させてもらっています.

まずポートフォリオサイトの要領でサイトを作りました.歌詞を共有したり,ライブ情報を見てもらいたいからです.

Music Videoを作っています.これは1作目です.2作目以降はこだわってより面白く,興味を持ってもらえるものを作りたいです.

ライブの演出も色々考えることがあります.歌詞がお客さんに伝わらないとナヤミの面白さが伝わらないので,歌詞を確実に届けたい気持ちがあります.YCAMでアイディアをもらえたらと考えています.

言語としてはこんな感じです.teamLabのインターンもあって,このような感じです.

 なぜYCAMインターンに参加させていただこうと思ったかについてお話しします.

ITがどんなことに応用されるかを知りたく,それに適した場所であると考えたからです.短いスパンでたくさんのプロジェクトを抱えるYCAMで,どういうことができるかの例をしるのは効率が良いと考えたからです.

ただの情報技術だけでは振り向いてもらえないと思っていて,アートとという付加価値をつけることで他と差別化できると考えています.そのためITと合わせて芸術分野を知っておくのは大切だと考えています.それを実践しているYCAMさんだからこそ,インターンをお願いしました.

YCAMインターンは11月頭のスポーツハッカソン当日までになっています.今はAIDJのプロジェクトを見させてもらってます.

YCAMでは授業で習った概念がどうプロジェクトに生きるか見させてもらいたいです.また,先ほど話したように,どんな仕事ができるかというのがわからないので,YCAMで働いている皆さんのいろんな仕事を見させていただいて,将来のことを考えたいと考えています.

インターンとアルバイとをお願いした時に,青柳さん,伊藤さんとインターン終了後にアルバイトをやりましょうということになったので,インターン終了後もアルバイトとしてお世話になると思います.できることがあれば,デバイスの作成など,情報科学生としてスキルアップできるような内容の仕事をさせてもらいたいと考えています.

 

変則的な日程で無理を言ってお願いしています,ご迷惑をおかけしますが何卒宜しくお願いします.